FC2ブログ














○あるキング○伊坂幸太郎○ 

あるキングあるキング
(2009/08/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る




久しぶりの伊坂本。
図書館の借りものですが、とても薄かったので1日で完読。

いやー、びっくりした。
いつもの伊坂作品を想像してたのもあるのだけど、まったく違くて……。
まったく違うってのは、種類そのものが違う、みたいな感じ。

それでも、一気に読み切ってしまったのですがね。


野球の才能を持ちすぎてた男の人のお話。
その才能ゆえに、起こってしまった出来事。

淡々と…うん。本当に、淡々とお話が進んでゆくんです。
シェークスピアになぞらえてた部分も多々あったのだけど、私にはチンプンカンプン(苦笑)

なんとなくさらっと読み終わってしまったのは、それぞれのキャラに感情移入ができなかったからかも、
と思いました。


なぜあそこまで、一途になれるのか。
なぜ、感情を表さないのか。
なぜ…なぜ…という疑問が、あとあと湧いてくるのだけど…

それでも唯一、中学生のころの王求(おうく・主人公)が少年らしさが出ててよかったな。

『楽しい、人生だった?』

ふと、問いかけてみたくなった。
スポンサーサイト




[2010/04/25 23:42] 読書感想文 | TB(1) | CM(2)

ファンとしては、物足りないというか、肩透かしというべきか。
それなりには楽しめました。
トラックバックさせていただきました。
[2010/10/18 18:50] 藍色 [ 編集 ]

お返事遅くなりました(><)

藍色さん、こんばんは!お返事が遅くなってすみませんでした!
不思議な読後感のお話でしたよね(苦笑)
伊坂作品、と思うとやっぱり伏線を意識したり、セリフなんかも気にしたりしちゃうのだけど、この作品はなんというか……
淡々と進んでゆくというか……。

こちらかもTBさせていただきました!
[2010/11/14 02:28] momota [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://momopuripo.blog86.fc2.com/tb.php/754-2f9112bf


あるキング 伊坂幸太郎

弱小地方球団・仙醍キングスの熱烈なファンである両親のもとに生まれた山田王求。“王が求め、王に求められる”ようにと名づけられた一人の...
[2010/10/18 18:40] URL 粋な提案